WEBサイト制作

【WordPressの検索】ひらがなでカタカナも検索させる方法

WordPressでサイトを作っている人であればわかると思いますが、基本的に、どのテーマをしてもサイドバーに「検索ボックス」が表示されますよね。

これは、検索キーワードにひっかかる記事を表示してくれるという、なんともありがたい機能です。しかしこの機能、Googleの検索エンジンのように、優れた検索能力を持っているわけではありません。それは当たり前だし、そこまでの機能は求めていないのですが、1点だけ見逃せない問題点がありました。

それは、

「ひらがなとカタカナの互換性がない」

ということです。

この記事では、「カタカナ」で検索した時にひらがなもHitするように、「ひらがな」で検索したときにカタカナもHitするように、テーマを編集する方法をご紹介します。

 

ひらがなとカタカナが別の文字として認識される

WordPressの検索の仕様は、検索ボックスに入力した文字列を、記事が保有しているかで判別するというものです。

つまり、「ひらがな」と「カタカナ」も別の文字として認識しており、一致しないとみなされるわけです。

 

例えば、このサイトに

「プログラマになるための3つの資質」という記事があったとしましょう。
本文には「プログラマ」とカタカナで書かれており、「ぷろぐらま」とひらがなで書かれていることはありません。

この場合、「プログラマ」で検索をかければ、当然この記事はHitします。
しかし、「ぷろぐらま」で検索をかけた場合、この記事はHitしないのです。

これは、サイトの訪問者にとって利便性に欠けています。
検索をかける人はほとんどいないと思われますが、サイトによってはPV数を減らす要因にもなりかねません。何より、ちょっと気持ち悪いですよね。

 

ひらがなでカタカナも検索させる方法

ひらがなでカタカナを検索することができ、逆に、カタカナでひらがなを検索することができるようにするには、以下のコードをfunction.phpに追記するだけです。

WordPress検索でカタカナとひらがなを同じように検索できるようにする

上のサイトを参考にさせていただきました。
とても詳しく解説がされています。

もちろん、子テーマに追記するほうが安全かつ保守性が高いので、そちらをオススメします。

小技:
プログラミングをしている人にとっては当然のことですが、

このようにコメントをすると、後で見返した時にもわかりやすいです。
「//」はその1行だけをコメントアウト(コメントとして認識し、システムには影響されない)でき、「/*~*/」は、間の「~」をコメントアウトできます。ぜひ活用してみてください。

結論

ありがたいことに、先人様がコードを公開してくれているので、それをコピペするだけで「ひらがな↔カタカナ」の互換検索が可能になります。

WordPressはそのままの文字で検索をかけていたため、文字コードを変換して検索をかけることによって、互換性が出たというわけですね。勉強になりました。当サイトで検索を使う人は少ないかもしれませんが、漫画の紹介をしているサイトも作成しているので、そちらでは役に立ってくれそうです。