世界一やさしいWebの教科書
WEBサービス・アプリ・ソフトウェア

[Chrome,Firefox編]ニコニコ動画の広告と動画上のニュースを消す(ブロックと非表示)

主にサブカル好きな人たちに人気がある「ニコニコ動画」。匿名コメントが動画の上を流れる独特の仕様は、YouTubeとは違った面白さを持っています。また、ニコニコ動画特有の文化、ジャンルもあり、YouTubeよりニコニコ動画方が性に合っているという人は多数いることでしょう。

さて、そんなニコニコ動画ですが、よろしくない点も多々あります。広告が動画の前に流れるのはプレミア会員になることで回避することができますが、害悪なのは、プレミア会員でも消すことのできない、動画の上に流れてくるニコニコニュース(ブロマガ等)です。

広告は、動画前に流れてくるので全然かまわないのですが、動画を視聴している最中に嫌でも目に入ってくるニコニコニュース(ブロマガ等)は邪魔で邪魔で仕方がありません。プレミア会員でも非表示にできない仕様な上に、低俗すぎるニュースがほぼ全部を占めており、「ニコニコ動画はこんな低俗なニュースで子供たちを洗脳でもしたいの?」と思わざるを得ません。

ただでさえ不健全なコンテンツが多いのに、これ以上不健全なものを見せつけていくのは正気の沙汰ではありません。そこで、この邪魔すぎる動画の上の「ニコニコニュース」をブロックして消す(非表示にする)方法をご紹介します。ついでに広告も消せます。

Adblockを導入する(Chrome,Firefox)

ChromeやFirefoxには、「拡張機能」という機能を追加してカスタマイズできる機能があります。その代表的なものの一つに、「広告ブロック」機能が存在します。

広告ブロック(アドブロック)機能を持つ拡張機能はいくつかありますが、今回は、使用している人が最も多く、動作も安定している「Adblock Plus」を導入していきます。この拡張機能をONにすると、ChromeやFirefoxで広告を非表示(ブロック)にしてくれます。
また、広告ブロックはサイトの要素をブロックしているので、サイトのレイアウトが崩れたり、一部広告以外の要素が非表示になってしまうことがあるのですが、「Adblock Plus」では2クリックでサイトごとに広告をブロックを外すことができるので、非常に優秀です。

Chrome用の「Adblock Plus」ページはコチラ
Firefox用の「Adblock Plus」ページはコチラ

拡張機能を有効にしてください。このページを更新して、表示されていた広告が非表示になっていたら、成功です。

この段階で、ニコニコ動画の動画前広告や煩わしい広告はブロックされ、すべて消えていると思います。しかし、動画上を流れるニコニコニュースは、依然として流れたままになっているはずです。
それでは次に、動画の上の「ニコニコニュース」をブロックして消す(非表示にする)方法に移っていきます。

動画の上の「ニコニコニュース」をブロックして消す(非表示にする)

さて、前段落で「Adblock Plus」を導入しましたが、こちらではそれを使い、動画上を流れるニコニコニュースを消してしまいたいと思います。

「Adblock Plus」には「要素をブロックする」機能があり、サイト単位ではなく、要素ごとにブロックするものを決めることができるのです。これによって、初期設定では消えなかった広告やそれ以外の要素を、好きにブロックすることが可能になります。(設定を多くしすぎると重くなることがあります。)

1.右上の「ABP」アイコンをクリックし、「要素をブロック」をクリックします。

2.ニコニコ動画の動画上ニュース欄をクリックします。

3.確認ウィンドウが出てくるので、「追加」をクリック

これで、動画上のニュース欄には何も流れてこなくなりました。

ニコニコ動画側でシステムを変更した場合、また流れてくる場合もありますが、その時はもう一度設定をし直しましょう。よほどのことがないかぎり、この方法で対応できると思います。

設定場所

この設定がどこに残っているのかというと、

ABPアイコン > 歯車アイコン(設定) > 詳細設定 > マイ フィルターリスト

という場所に設定が残っていますので、もし間違った要素を追加してしまった場合や、要素を消したい場合はこちらの場所から設定しなおしてください。
また、もし万が一設定できないなどありましたら、ご気軽にご相談ください。

広告ブロックは違反ではない

こういった改造めいたことに抵抗がある人もいるかと思いますが、あくまで「自分に表示される要素をブロックしているだけ」なので、消すことは違反でもなんでもありません。安心してご利用ください。もし「広告等を消すのは違反だ」という規約ができたとしたら、そんなやばいサービスを使うのはやめて、違うサービスに移行した方がいいと思います。
ただ、サイト側で広告ブロックに対応するというのは健全な対応なので、もし今回の方法でブロックできなくなったら、違う対応をまた考えていきます。