動画編集

【Aviutl】auo [error]: NeroAacEnc.exe の場所が指定されていません。

Aviutlで動画を編集し、書きだそうとしたとき、

auo [error]: NeroAacEnc.exe の場所が指定されていません。

というエラーが出てきました。

このエラーを解消し、動画をエンコードさせるにはどうすればいいか、解決法をご紹介します。

Aviutlエラー:NeroAacEncの解決法

「NeroAacEnc.exe の場所が指定されていません。」

と表示されているのは、「動画の書きだし(エンコード)する際の実行ファイルがどこにあるかわからない」という意味を表しています。

これは、Aviutlで長時間の動画を読み込むなど、負荷がかかったときに起こりうる現象です。動作が重くなって一時的に不具合が生じてしまった状態です。

これが起こる人は、x264guiExを使用していることでしょう。

「Aviutlを再立ち上げする」「PCを再起動する」などでは原因は解消されません。

auo [error]: NeroAacEnc.exe の場所が指定されていません。

この不具合を解決するには、もう一度「拡張 x264 出力(GUI) Ex」のビデオ圧縮の設定をしてあげる必要があります。

まず、いつも通りに書きだすための手順を進めます。

ファイル > プラグイン出力 > 拡張 x264 出力(GUI) Ex

ここで、一番最初に動画のエンコードをした際と同じように、「ビデオ圧縮」を設定し直します。

自分に合った設定をした後OKを押し、設定を確定します。

YouTube用であれば

プロファイル > YouTube

を押すだけなので、10秒もかかりません。

これで動画の書きだし(エンコード)する際の設定を再設定できたので、今まで通りエラーなくエンコードすることができます。

 

Aviutlも無料で色々できていいですが、もう一歩先の動画編集を学びたい人は、Adobe Premiere Proを導入してみてはいかがでしょうか。
こういったエラーも起こらず、快適でクオリティの高い動画編集ができます。