サーバー

【mixhost】PHPのバージョンを最新にする方法。自動化できる?

レンタルサーバーといえばxserverが有名ですが、コンテンツ規制の緩いmixhostも人気が高いレンタルサーバーで、日本国内の利用者も数多くいます。

しかし、サイトのUIが日本向きではないため、使いづらいと感じる点もあります。

「mixhost」において、WordPressなどでも重要な、PHPバージョンを最新状態にする方法をご紹介します。

このページで分かる

このページでは、レンタルサーバーである「mixhost」において、ドメインごとのPHPバージョンを最新にする方法、やり方を紹介しています。

PHPバージョンはページ表示速度にも重要な要素

PHPバージョンは、常に最新の状態にしておくことが望ましいです。

WordPressにて近年追加された機能で、「サイトヘルス」というものがあります。これは、自動的にいくつかの項目を判定し、サキュリティ面や表示・速度などの機能面において、サイトの状態が正常かどうかをチェックしてくれる機能です。

問題があると、以下のように「致命的な問題」や「おすすめの改善」を提示されます。

PHPバージョンもその評価項目の一つで「PHPバージョンが最新ではありません」ということが表示されることがあります。

PHPバージョンが古いとセキュリティ面に脆弱性が生じることはもちろん、最新のPHPバージョンを使用することでページの表示速度を改善することもできます。

(7.2→7.3のようなマイナーチェンジの場合、劇的に変化するわけではありません。)

「mixhost」でPHPバージョン変更する方法

まずmixhostのcPanelに移動してください。

マイページの有効なサービスから体表のドメインをクリック→画面左のアクションからcPanelにログインをクリック

たくさんのアイコンが表示されてきますが、セキュリティの下、詳細の上にある「ソフトウェア」の項目を開いてください。

開かれていない場合は右端の「+」ボタンを押して開いてください。

この中から、MultiPHPマネージャーを選択します。

ソフトウェア > MultiPHPマネージャー

ここで、ドメインごとにPHPバージョンを設定するすることができます。

最新、もしくは最新のバージョンが安定していないと考えられる場合は一つ前のバージョンの状態に設定しましょう。

PHPバージョンの最新自動化はできない

PHPバージョンってどこかからアラートが来るわけではないので、新しいバージョンが来たら自分で気づいて変更していかなければいけません。

では自動化はしてくれないのか?

なんて考えが起こるかもしれませんが、自動的に最新の状態に変更してくれるサービスはありません。

それもそのはず、PHPバージョンを変更すると不具合が生じてしまう可能性があるからです。

PHPバージョンを変更するとテーマ及びプラグインで問題が発生する場合があります。バックアップを取る、プラグインは無効にしてからバージョンを変更する、などの対策をしましょう。